月の満ち欠けに合わせた過ごし方

 

月の満ち欠けは太陽との位置関係で決まります。

太陽と同じ方向にある場合を新月、反対方向にある場合を満月、その間に上弦・下弦(半月)があります。

 

月の満ち欠けは自然や人間に影響している

地球の70%は海でできていて、その満ち引きは月の引力によって変わります。

私たちのからだも同様、70%以上が水分でできていることを考えると月の満ち欠けが私たちの心身に影響を与えていることは自然のように思えます。

たとえば女性の月経周期の平均は約28日で月と殆ど同じ周期になっています。

また、私たちの祖先は月の動きを見ながら農業を行い、種まきや収穫時期を決めていました。

月の動きに合わせることでより強い作物が育ったり、高い栄養素が得られることがわかっていたからです。

このような月の満ち欠けのサイクルを農業に生かすという考え方は今でも世界各地で行われているそうです。

 

月のエネルギー

月は約1ヵ月かけて1周しますが、満ちていく月の期間(上弦)と欠けていく月の期間(下弦)どちらかの期間かによってエネルギーが変わってきます。

それは自然や生き物に影響していて、私たちの生活にも密接に関わっています。

 

新月 浄化・はじまり 新しいことをスタートするのによい時期とされています。

また、からだのデトックスや心の浄化にも向いている時期です。

いらないものはすべて手放し、新たによいものを取り入れていきましょう。

満月 吸収・達成 月のエネルギーが最大限になる時期で新月からスタートしたことが結ばれる時期ともいわれ、良くも悪くも結果が現われます。

また、栄養を取り入れるととてもよく吸収する時期なので、ダイエットをしている方は注意が必要です。

満月の時期は出産が多いとも言われています。

下弦 放出・整理 新月へ向けて放出していく力が高まる時期です。

デトックスや浄化も高まる時期なので、ダイエットを始めるのに最適です。

傷痕が残りにくい期間でもあるのでニキビケアやイボ取りなど、肌の治療にもよいとされています。

上弦 成長・積極性 満ちていく月の期間は、満月に向けてからだの吸収力が高まります。

満月と同様、太りやすい時期なので食事を調整したり、からだによいものを優先的に取り入れていきましょう。

髪の毛を早く伸ばしたい方は、この時期にカットするのがおすすめです。

 

月に満ち欠けにあわせたヒーリングセッション

それでは、ヒーリングセッションはいつ受けたらよいのでしょう?

 

下弦の月から新月 いらないものを、たくさん手放したいとき。
上弦の月から満月 エネルギーを、よりチャージしたいとき。

 

ルミエールのヒーリングセッションは浄化とエネルギーチャージを同時に行うので、どの時期にいらしても同じような効果が得られます。

月の満ち欠けを知り、目的に合わせた時期をお選びいただくことで、より一層その効果を感じていただけるでしょう。

 

 

ルミエールのヒーリングセッション

メニュー一覧

 

こちらの記事も合わせてお読みください。

ルミエールのヒーリングセッションとは

セラピーによる癒しと浄化